自己破産が周りにバレるとき

自己破産が周りにバレるとき

自己破産が周りにバレるとき

止むに止まれぬ事情で自己破産をすることになってしまった場合、家族や知人、周囲の人にその事実がばれてしまうのを恐れる人は多いようです。
しかし、自己破産をしたからといって日常生活が大幅に変わるわけではありません。

それでは、どういった場合に周りの人に自己破産をしたことがバレしてまうのでしょうか。
まずありがちなのが、自己破産の手続きのために裁判所に出向いたり、弁護士とやり取りをしているのを知られてしまい、そこからバレるということ。普通の生活をしていれば、そういったところとは関わり合いになるはずもありませんので、なぜと聞かれてしまうと事情を話さなければならないかもしれません。

 

誤魔化すこともできない決定的なバレ方としては、官報の記載を確認されてしまうことではないでしょうか。
民事整理や自己破産を行うと、住所と名前が官報に記載されてしまいます。これを見られた場合は自己破産の事実を認めるしかなさそうです。

 

以下に自己破産について詳しい情報があります。
自己破産についての記事を更に読む


ホーム RSS購読 サイトマップ