電気に感謝する

電気に感謝する

電気に感謝する

世の中から電気がなくなってしまうことが想像できるでしょうか。
明治の頃から日本では、電気を使い始めています。
最近では太陽光発電が注目されていましたが現実には火力や水力での発電が多いのです。
長い歴史から見れば電気を使っている期間は実に短いものです。
ですが最近は、人が電気を使っているというより、電気が人を使っているような様相にすら感じられます。
もはや、電気なしでは、社会は成立しなくなっています。
江戸時代は、街灯は、ろうそくでした。
ご飯を炊いたり、お風呂を沸かすのは、薪です。
実は、戦後まもないころから、昭和の時代はもちろん、今でも田舎に行けばそのような家があるはずです。
けれども大多数は、電気がなければ何も始められない生活になっています。
今や自動車も電気を使い始めました。
電気に感謝し、大切にする気持ちが必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ